復興屋台村気仙沼横丁 閉村式


今から5年4か月前の、2011年11月中旬。

あの震災からまだ8か月しか経過していなかった頃。。。

 

まだまだ被災物だらけで真っ暗なホテル周辺の内湾地区に、ポッと赤ちょうちんが灯りました。

復興屋台村気仙沼横丁。

 

震災で被災した飲食店の方々有志が集まり、仮設商店街として営業を再開させました。

〝  気仙沼は元気にがんばってるぞ! 〟

まさにそんな思いだったのではないでしょうか。

 

グランドオープンした2011年11月26日。

元気をもらいに、届けに、希望を抱き、開村式へおじゃました記憶があります。

このオープンに至るまでは、さまざまな困難とご苦労があったことと察します。

従来の「法」や「制度」では、震災後のこの状況をなかなか解決できないこともたくさんあったと聞いています。

それでも、全国から温かいご支援やご協力をもらい、オープンしていただけたことに、改めて感謝します。

 

オープン後は、全国各地からお客さまが訪れ、気仙沼の地酒を飲み、気仙沼の美味しい食事を楽しみ、気仙沼を支えてくださってくれました。

著名人の方も数多く訪れてくださったり、イベントも数多く開催していて、その度にたくさんの市内外のお客さまがここを訪れ、元気をもらいました。

屋台村に一番近い宿として、当館にお泊りいただいたお客さまも少なくありません。

お互いにコラボしたプラザホテルオリジナル企画「屋台村商品券付宿泊プラン」で、お客さまをご紹介しあえた本当に近しい関係でありました。

 

それから5年4か月。。。

 

国の制度事情や市の事情もあり、ついに本日、閉村式となってしまいました。

まず冒頭に、司会のかよちゃん(岩手佳代子さん)から「今日は笑って」のことばに、今日で終わりではなく、今日から新しいスタートなんだと思わされました。

かよちゃん強いな。と。

 

閉村式では、まずは気仙沼市長の挨拶に始まり、

次に、すでに卒業された店主さん含め、店主の皆さんが一同にステージに集まり、村長さんからご挨拶と感謝のことばがありました。

そして、屋台村の立ち上げに尽力いただいた理事の方々を代表し、元社長の若生さん(現富谷市長)から、立ち上げの時の話や感謝の挨拶があり、店主一同の皆さんから記念品が贈られました。

涙を流されながら挨拶するその姿に、当時のご苦労と、感謝の気持ちがたくさん込められていたことと思います。

わたしもつられて涙がポロポロと。

そして最後に、今日この閉村式の会場にご来場できなかった全国の皆さんに向け、感謝の気持ちを込めた風船をみんなで「ありがとうー!」って飛ばしました。

閉村式の後は、気仙沼の歌姫こと育美ちゃん(熊谷育美さん)のミニライブもあり、

全国からこの会場に駆けつけてくれた皆さんに、感謝のうたを届けてくれました。

 

屋台村は本日閉村式となりましたが、実営業は20日までやっています。

残り2日。

本当に終わってしまいます。

ぜひ終わる前に、もう一度、この復興屋台村気仙沼横丁で食べて飲んでみてください。

 

閉村後の各店主さんの未来はそれぞれで、自力で再建される方、新しくできる商店街にまたお店を出す方、まだ決まっていない方、辞めてしまう方。。。

 

まだまだたくさんの問題や不安を抱えています。

 

気仙沼の復興はまだまだ道半ばです。

でもきっと、この6年を乗り切ってきた皆さんとなら、また楽しい飲食店、気仙沼ができあがるんじゃないかと思っています。

 

復興屋台村気仙沼横丁関係者の皆さん、心から〝ありがとうございました〟

感謝状までいただいてしまいましたが、こちらこそ感謝です!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

語り部として、日々・・・


日々、朝がきて

日々、陽が沈む。

 

日々、〝あの日〟を振り返り、

日々〝応援の声〟に励まされ

 

日々、気仙沼のまちは復興へ向け、変わっていく。

 

わたしたちは、それを伝える〝役目〟を担っている。

当館では、ホテルスタッフが語り部となり、東日本大震災と「今」の気仙沼を伝えていく。。。

 

 

実は、最近はめっきりと語り部をする機会が減りました。

ご希望があればまだまだやっておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

震災を風化させないために・・・「震災語り部」付★活鮑の陶板焼き★海鮮御膳

 

団体・グループについては、都度、お時間などご相談に応じますので、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

(  ※基本的には、16:30~約60分 お一人様500円(資料付)で受けております  )

 

震災直後の気仙沼市の航空写真、著名人の方々にご来館いただいた際の応援メッセージは、ホテル内のロビーでご覧になれます。

 

気仙沼へお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

Kesennuma,Voices.6 特別上映会のご案内


毎年恒例となりましたが、2017年作品の特別上映会日時が決まりました!

当日は、堤幸彦監督(2016年みなと気仙沼大使を委嘱)も駆けつけ、上映後に舞台挨拶もありますので、堤幸彦ファンのみなさま!

どうぞお越しくださいませ!!

【日時】

4月9日(日)

1回目上映 開場13時00分 開演13時30分 ※約90分のイベントです

2回目上映 開場16時30分 開演17時00分 ※約90分のイベントです

【場所】

気仙沼プラザホテル 2F コンベンションホール飛天

入場無料

【内容】

①作品上映「 Kesennuma,Voices.6」

②監督・出演者舞台挨拶

堤幸彦監督、生島勇輝(予定)、生島翔(予定)、東北学院大学 金菱清

 

 

と、ザッとこのようなイベント内容です。

このKesennuma,Voices.については、3月5日のブログで書かせていただいていますが、震災以降、ずっと気仙沼に寄り添ってくださっている堤幸彦監督。

 

最近はもう気仙沼を愛してやまない堤幸彦監督(笑)

そして、その堤監督を愛してやまないわたし(笑)

今や「堤組気仙沼支部」として、公式に?(笑) 有志メンバーで活動しております。

 

3月11日にはNHKの震災関連特番でもご出演され、気仙沼についてたくさんお話ししてくださいました。

 

気仙沼市内の皆さまにも、気仙沼市以外からお越しの皆さまにも、ぜひご覧いただきたい作品であります。

遠方からのお客さまは、ぜひお泊りを兼ねてお越しください。

映像だけではなく気仙沼の今の景色を、声を、感じてみてください。

 

ちょっと気仙沼は遠いな~、当日は行けないな~、と言う方はぜひTBSオンデマンドからご覧になってください!!

今回上映する最新作KV6含め、6作品全てがご覧になれます。

TBSオンデマンド「Kesennuma,Voices.」シリーズはこちらから!

 

それでは当日のご来場をお待ちしております!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

【南三陸海岸IC】いよいよ20日供用開始!


少しずつ少しずつ延伸している三陸自動車道ですが、

いよいよ3月20日(午後4:30~)に!

【南三陸海岸IC】が開通!

になります!!

 

これはまたうれしいニュースですね!

開通式は午後2:00~IC付近の特設会場で行われ、地元学生の吹奏楽演奏や伝統芸能、テープカットなどがあるそうです。

 

南三陸海岸ICは起点の仙台港北ICから約90キロの地点で、仙台への移動時間は【志津川IC】から乗り降りするよりも約5分ほど短縮されるそうです。

 

気仙沼からだとどうなのかな~

今現在は、時間でいえばまだ【登米東和IC】から乗った方が、まだ早い感じがしているのですが、この新しいICができたことで、45号線を南下して南三陸海岸ICから乗ったほうが早くなるかも?

今度、検証してみて、またリポートします!!

 

また、同日からは【三滝堂IC】に併設するパーキングエリアのトイレや駐車場も利用可能になるとのことです。

 

仙台の方には気仙沼まで「遠いね~~~」と言われることがまだまだ多い気仙沼ですが、少しずつ時間短縮が進んでいます。

アクセスが良くなることで便利になるぶん、観光受け地では「通りすがり」のまちにならないよう、魅力のあるまちにしていかないと!がんばらないと!ですね!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

三陸復興大同窓会「さんりくるっと」開催!


今日はイベントのご紹介です!

じゃん!

三陸復興大同窓会「さんりくるっと」です!!

 

震災発災から6年の間に、国や年齢、性差を問わず、そして企業、行政、NPOの垣根を越えて、多くの方々から熱い励ましと温かいご支援をいただきました。

今日を迎えることができているのも、皆さまの今も変わらぬご支援のおかげです。

心から感謝を申し上げます。

 

しかしながら、復興はまだ道半ばです。私たちはこの6年間の感謝、祈り、三陸をさらに発展させていく決意を込めて、大槌・釜石・大船渡・陸前高田・住田・気仙沼・南三陸、地域を越えた仲間たちと『三陸復興大同窓会』を開催するにいたりました。

 

震災を機につながったご縁を大切にし、復興の現状を感じてもらいながら、三陸の魅力を存分に堪能していただく、そして、三陸の未来を皆さまとともに考え、これからの地域を担う子供たちへ伝える場を創っていくことで、復興の一助となれるよう努めてまいります。

初年度の開催地は大船渡となります。

三陸のおもてなしをご用意してお待ちしておりますので、ぜひお越しくださいませ。

(さんりくるっと実行委員会 開催趣意書より抜粋)

 

ということで、3月25日・26日は大船渡に集まろう!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

膳場貴子とゆかいな仲間たち!


昨日は全国各地で、東日本大震災から6年に関する追悼イベントや報道特番や記事がありました。

いろいろとテレビや新聞などご覧になられたり、参加されたりされた皆さま、関心を寄せていただいた皆さま、心よりありがとうございました。

 

気仙沼では当ホテルからTBSが二日間に渡りお伝えしてくださいました。

「報道特番」「3.11 7年目の真実」では膳場貴子さんが、「NEWS23」では星浩さん雨宮塔子さんが、寒い中、気仙沼の今の景色とあわせお伝えし、皆さんにおかれましてはご覧いただけたことと思います。

本当にありがとうございました。

 

実は!それとあわせ!!

JNN三陸臨時支局の立ち上げメンバーも気仙沼に集合していました!!

題して!!

「膳場貴子と

 ゆかいな仲間たち」(笑)

入れ替わり立ち替わりで写真に写っているのでスミマセン(笑)

 

初代支局長を務めた龍崎さん他スタッフさん、メインキャスターの膳場貴子さん、そして当館の田村女将、堺支配人、佐藤部長と、震災直後の初代メンバーがズラリ!

立ち上げメンバーが解散後、こうして一同に集まったのは初めてのこと。

まさに同窓会のような感じで、昨日の3月11日をみんなで心地よく過ごしました。

当時の苦労話しや、最近の話題などなど、昨夜は話がつきませんでした。こうやってこの大切な日に大切な仲間たちとして気仙沼で集まっていただけるのも、やはり当時の良い関係性を築いてくださったTBSさん、龍崎さん、膳場さん、そして田村女将の共通した「想い」や「絆」のようなものがあったからこそだと思います。

またいつかみんなで集まりたいなあ~。

 

皆さんは昨日は大切な人と過ごしたり、大切な方を思ったりされたことと思います。

一度できた「ご縁」は切れることはありません。

この「ご縁」に感謝し、大切にし、これからもみんなで気仙沼の復興を支えていきたいと思います。

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

東日本大震災発災から6年・・・


いつも気仙沼プラザホテルのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日は3月11日。

とても穏やかな今日の気仙沼です。

 

東日本大震災発災から6年という月日が流れました。

当時より応援・ご支援・ご協力いただいてきました皆さまへ、改めて心より感謝と御礼を申し上げます。

ありがとうございます。

 

今日は全国がこの「東日本大震災」を考え、今の問題を取材・討論し、被災地各地から伝えていることと思います。

もちろん、さまざまな事情もあり、良い事も悪い事もあることでしょう。

でも、それだけ甚大な被害であり、時間がかかっているということなのだと思います。

気仙沼も写真の通り、まだまだ復興途中であります。

いろいろな立場や責任のある方もいますが、みんな、一生懸命に復興へ向け努力しています。

 

自分の立場だけで考えるのではなく、相手の立場になってみる、視点を代えてみることも必用なのだと考えさせる6年目であります。

 

気仙沼からはTBSが伝えてくれます。TBSとの関係性は、昨日のブログでも書かせていただきましたが、本当に感謝しております。

ぜひ、今日は気仙沼の6年目、被災地の6年目に耳を傾けてください。

そして、家族で・職場で・親しい仲間たちと、今後について考えていただければうれしいです。

 

まもなく14:46を迎えます。

さまざまな立場の方々が、さまざまな思いで黙祷をささげてくださることとと思います。

 

また、今日の過ごし方は、それぞれによってどのようなカタチでも良いと思います。

心穏やかに過ごす方もいれば、気の合う仲間や家族とお酒を飲んで楽しむ方もいていいと思っています。人それぞれ「悼む」カタチも気持ちも違います。

今日は誰もが「東日本大震災」ということを考えてくださっていることでしょう。

 

まだまだ山積している問題に向き合いながらも、気仙沼に活気を取り戻していくべく、これまでの「ご縁」「絆」を大切に、感謝し、当館としましては観光で盛り上げていこうと思っています。

今後とも、ご支援・応援を心よりお願い申し上げ、本日の挨拶とさせていただきます。

がんばっぺ!気仙沼!!

 

気仙沼プラザホテル 従業員一同

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

やはり今年も来てくれたTBS!!


東日本大震災発災から明日で6年になりますね。

皆さまにおかれましても、この時期になると、当時(震災1年目)を思い出し、「あの時は・・・」とか「あれから・・・」といった会話が多くなるのではと拝察します。

わたしどもホテルの中では、震災発災直後よりTBS(JNN)が常駐してくださっていたことから、毎年3月11日を気仙沼から報道してくださることが多く、「今年も来てくれるのかな~」と思いながら毎年新年を迎えるのですが、、、

 

 

やはり今年もTBSは来てくれました!!

中継車が来た!!

懐かしい~~~

 

東日本大震災発災直後から3年間におよび、「JNN三陸臨時支局」として当ホテル内に支局を構え、震災から立ち上がっていく三陸沿岸地域のようすを伝えてくださっていました。

 

当時から膳場さん、堀尾さんは何度も気仙沼に入ってきてくださり、当館屋上から伝えてくださっていました。

その際の中継車はこんなスゴイことになったことも!

この時は圧巻でしたね。

支局解散後も、定点観測をするかのように気仙沼から伝え続けてくださっています。

 

先日、東京へ出張した際に、初代支局長を務めた龍崎孝さんといっしょにお食事をさせていただいた時間があったのですが、懐かしい話しばかりでした。

龍崎さんは震災の年、気仙沼市内を歩きまくっていました。その時感じたことをJNN三陸臨時支局のfacebookで伝えていました。

ぜひお時間があればご覧になってみてください。

(2011年の記事です。その後も2代目支局長の福島さん、3代目支局長の佐々木さんが書き綴っています)

JNN三陸臨時支局facebookページ

 

だからでしょうか。なぜかこのTBSの中継車を見ると落ち着いてしまうわたしたち。

懐かしいという気持ちと、気仙沼を忘れないでいてくれたな~という安心感。

 

被災地各地でもこの3月11日にあわせ、さまざまなメディア関係者が訪れ、取材し、それぞれ現地から伝えていることと思います。

これについては、良し悪しいろいろな意見もあると思います。

 

が、当時からわたしたちとTBS(JNN)との相互の良い関係性があるからこそ、わたしたちは大歓迎で受け入れしています。

当時から変わらない顔ぶれのスタッフさんとは思い出話しに花が咲きます。

 

 

今年も来てくれたTBS(JNN)さん。心より感謝と御礼を申し上げます。

 

そして!

今夜23:30~の「NEWS23」は星浩さん雨宮塔子さんが気仙沼から生中継です!

詳細はこちらから。

そしてそして!

明日14:00~の「3.11 7年目の真実」では膳場貴子さんが気仙沼から生中継です!

詳細はこちらから。

 

テレビの前で、6年を迎える気仙沼をご覧になってください!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

 

 

気仙沼Voices.2017(3月9日三陸新報より引用)


『第一号の校庭解放』

気仙沼市立中井小学校の校庭が8日、児童たちに戻ってきた。

校庭に建っていた仮設住宅が撤去され、全面開放となったもので、仮設住宅が建設された気仙沼・本吉地方の中では最初の解放。東日本大震災から6年。。。

子供たちが元気に校庭を駆け回った。

6年生の伊東くんは

「校庭がこんなに広かったんだと実感した。もうすぐ卒業だけど、広い校庭で遊べることを楽しみにしていたので、友達と目いっぱい遊びたい」と笑顔。

小松校長は

「6年生の卒業前にに間に合いうれしい。通常の教育環境に戻り、保護者もほっとしているはず」と話した。

大島中学校、小原木小学校の2校でも仮設住宅の解体と校庭の復旧作業を終えており、両行とも今日9日から使用を開始する。。。

 

 

震災から6年。
やっと学校が学校らしさをを取り戻しつつあります。

これまで仕方なく学校の校庭に仮設住宅が建てられ、子供たちの遊び場、体育学習の場が失われていましたが、走り回ることができるようになり、子供たちに笑顔が取り戻されることでしょう。

一歩一歩、前へ。

 

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホ-ムページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

BS-TBS「サタデードキュメント」ご覧ください


東日本大震災から丸6年となる,2017年3月11日(土)に,サタデードキュメントスペシャル『震災から6年 ~風の彼方に』が放送されます。


あの日から6年。
ナビゲーター・中村雅俊がこれまで,精力的に被災地を巡ってきました。
ふるさとの宮城・女川町も津波で壊滅する中,復興の応援で,取材で,支援のコンサートで…そこで出会ったたくさんの被災者の方々。 そしてそこには、たくさんの子どもたちもいました

“あの子どもたちにとって、6年の月日はどんなものだったのだろうか”

震災と原発事故,津波で家族や友人の命が奪われた子どもたち。

避難生活の中で“日常”や“命”が当たり前ではないことに気づき,
生きている意味を考えるようになった子どもたち。

現実を受け止めきれず,心のバランスを崩した子どもたち…。

中村雅俊が復興支援のなかで出会った子どもたちに会うため,三陸を縦断します。

たくましくなったあの日の子どもたちの瞳には,今,何が映っているのでしょうか。

 

女川、そして気仙沼を伝えます。
BS-TBS サタデードキュメントスペシャル
「震災から6年 ~風の彼方に」
2017年3月11日(土) 10:00~11:24

どうぞご覧ください!

担当:船長

(サタデードキュメント facebookページより引用)

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!