気仙沼Voices.2017「震災の記憶 後世へ」


おばんでございます。

 

気付けば11月になりました。
今年も残りわずかとなってきましたね。
一年があっというまです。

さて、10月28日の三陸新報の記事からの抜粋になります。

気仙沼市で震災遺構となる旧気仙沼向洋高校校舎で、市の保存整備事業がスタートしました。

年内は保存しない施設の解体、撤去作業。年明けからは校舎の保存工事などを本格化させるようです。

その保存工事では、公開範囲での見学者や安全衛生環境を確保するため、消防や設備や手すり付きの見学デッキ、エレベーターなどを設置。立ち入り防止フェンスや駐車場、排水設備、外灯などの外構工事も行うようです。
校舎の中庭に整備する震災伝承館とプロムナードセンターの建設工事も同時に着手しています。

公開は19年3月の予定です。

 

もう多くの方々が見たであろう被災した旧気仙沼向洋高校。

しかし、中に入ったことがある方は少ないと思われます。
わたしは何度か入らせていただきましたが、あの津波が襲ってきた時のまま。

当日書いた、学校に残った人数を記録していた黒板、津波によって校舎3階までは入り込んできた自動車、水産加工場から流されてきたであろう魚の死骸などなど、あの日の記憶が思い出されるような光景が残されています。

今後、これをどのように見せ、何を考えさせ学んでもうらうのか。

この「遺構」をどのように活かすのかを、経験したわたしたち市民は、行政といっしょになって考えていかなければいけませんね。

施設をつくったら終わり。ではいけません。

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

気仙沼Voices.2017


おばんでございます。

 

久々の【気仙沼Voices.】シリーズ。
気仙沼の復興への現状をお伝えしているシリーズです。

記事出しは、8月5日の三陸新報からの抜粋です。

 

『入居者が1000人切る』

気仙沼市の応急仮設住宅の入居者数が8月1日現在で881人となり、1000人を切った。住宅再建に伴って退去が加速しており、ピーク時の約1割まで減った。
残るのは、区画整理事業による宅地造成の遅れなどの事情がある人となっている。

市は、供与期間が7年目となる本年度から、自宅の再建は決まっているが、工期の関係で仮設住宅を退去できないなど、特別な事情がある世帯のみ供与の延長を認める「特定延長」を導入。
該当要件を満たした300世帯の入居を認めている。

 

 

震災発災から7年目。やっと応急仮設住宅(プレハブ)の入居者数が881人にまでなりました。とはいえ、まだ881人もいるということにもなるので、良かったとはまだまだ言えない状況です。

被災された方々が、やっと新しい生活、安心して帰れる家を取り戻しつつある気仙沼。
しかし、その陰にはまだまだ問題や事情が隠れています。

まち全体としても復興はまだまだ道半ばであります。
未来へ向けて、大きな岐路に立たされている方もたくさんいます。

 

気仙沼に限らず、継続的な被災地への応援、ご支援をよろしくお願いいたします!!

 

追伸
毎年のように、全国各地どこかが「被災地」に見舞われています。
明日は我が身です!
今回の台風5号による大雨、竜巻による自然災害がすでに報道されています。

〝いざ〟という時に動けるか?連絡が取りあえるか?
自分が、自分の周りにいる大切な人が「大変な事態」に巻き込まれないよう、ぜひ、考えてみてください。

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

気仙沼Voices.2017


三陸新報社さんの記事をお借りしながら、気仙沼の復興関連の話題をわたしなりに伝えているシリーズ「気仙沼Voices.2017」

久々の更新です。

【最後の災害公営住宅完成】

気仙沼市が進めていた災害公営住宅の整備が19日までに完了しました。
これで、市内28地区35団地に2087戸を計画した災害公営住宅は、東日本大震災から6年2か月でようやく終えた。

市の災害公営住宅整備は、2015年1月に南郷住宅で最初に入居を開始。

今現在では完成した全2087戸のうち、約1割に空きが生じているそうですが、今後の意向調査での入居見込みを差し引くと、残り約100戸は7月以降に一般公募を開始するそうです。

菅原市長は、「Uターン向けの枠なども検討したい」と話しているそうです。。。

 

震災発災から6年2か月、長かったですね。
もちろん、これで全ての被災された方々が入居まで完了するわけでもありませんし、まだまだ多くの問題もあると思いますし、当然、新たな問題が発生してくるものと思います。

それでも、まずは大きな大きな復興事業のひとつが終えたことは、大きな前進であると思います。

菅原市長、まずは、まずは、おつかれさまでした。

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

近い未来の気仙沼内湾地区


GW後半2日目!
今日もお天気は絶頂に良かった気仙沼です!!

こいのぼりも気持ち良さそうに泳いでます(笑)

館内では、子供さんたちが食後にミニ縁日で遊んでくれています(笑)

今年はこの天気に誘われて?でしょうか。
昨年よりも気仙沼にお越しのお客さまが多いような気がします。

でも、もしかすると屋台村や紫市場の仮設商店街が終わってしまって、お魚いちばや海の市に集中しているだけなのかもしれませんね。
どうなんでしょ?
ま、いづれにしても、賑わっていることはいいことですが(笑)

最近お越しのお客さまに、この辺り(ホテル周辺)はどんな復興をしていくんですか?と聞かれることが多いです。

ということで、

これが未来の気仙沼魚町南町エリアの復興計画図です!!

(気仙沼市役所HPより引用)
(平成28年11月現在の資料です)
いかがですか?
(仮称)ウォーターフロント施設があったり、(仮称)スロー村があったり、なんかステキそうじゃありませんか??

もうちょいわかりたい方は、YouTubeだとこんな映像もあるようです。
気仙沼市内湾地区新商業エリアイメージビューはこちらから。

今の景観からは、正直まだまだ想像できませんが。

もっともっとまちが出来上がってきて、もっともっと気仙沼へ遊びに、泊まりに来てもらえるといいなあ~

それまで、もうちょい!!??
ガンバルぜい!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

熊本地震発災から1年・・・


少しずつ桜が咲き始めた気仙沼です。
満開まではもうちょっとでしょうか。

 

そんなことを感じられる今日、最大震度7を2度記録した熊本地震から一年になりました。

Yahoo!ニュースで知ることができた情報を書かせていただきますが、熊本県の被災者は3月末現在で、4万7725人が県内外の仮設住宅などで避難を続けているそうです。

わたしも日常ではなかなかリアルタイムでニュースを観る時間もないからですが、熊本のニュースを観ることがほとんど無いのが正直なところです。
こちら側から意図的に情報を取りにいかないと、なかなか現地の状況がわからない。
常日頃は被災者側の立場ですが、逆の立場になってみるとよくわかりますね。

この積み重ねが【風化】というものなのでしょう。

 

 

しかし、次の災害はいつどこで起きるかわかりません。

〝災害は忘れた頃にやってくる〟です。

 

東日本大震災以降も、全国では毎年のように大きな自然災害が起きています。

そして、

です。

いつどこでどう関わりがあるかわかりません。
そのためにも普段からの、

「準備」「心構え」

をしっかりしておくことが大切です。

一年中心配していてくださいというわけではありません。
震災のことをずうっと考え続けていることは辛い気持ちになりますし、難しいです。

家族内での連絡手段、集合場所(非難場所)を決めておくだけでもいいと思います。
それを決めておくだけでも、〝いざ〟の時の初期行動が変わるはずです。

自分の住んでいる町の災害史を調べてみるのもいいと思います。
危険な場所がわかれば、そこに近づかないようにする。
これだけでも違うと思います。

 

震災のことは少しずつ忘れてしまうかもしれない。

でも、「助け合う気持ち」は忘れてほしくないと心から願います。

 

いろいろと考えておく、考えてみる時間が、たまにはあってもいいのではないでしょうか。

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

Kesennuma,Voices.6 特別上映会


4月9日(日)に、当館にて

「Kesennuma,Voices.6」

の特別上映会がありました。

この作品については以前からも紹介させていただいてきましたが、東日本大震災後の気仙沼の復興へ向かう、気仙沼人の「声」の記録、まちの記録であります。

毎年恒例となりましたこの上映会には、気仙沼市内・外から100名を超えるたくさんの方々がご来場くださり、また、企画・構成をしてくださっている堤幸彦監督、主演の生島勇輝さん・生島翔さんも、今年も東京から駆けつけてくださり舞台挨拶もありました。

中には、こんな作品を作っている事を初めて知ったという方もいて、
「もっと早く知っていたかった」
「これまでのKV1~5も観たい」
「これからも継続してほしい」
などのお声が聴かれました。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

この「Kesennuma,Voices.」は10年は続けると言ってくださっている堤監督。それは、震災直後からの気仙沼復興の10年の貴重な記録なのです。

たしかにKV1~6を続けて観ていくと、まちの変化、被災された方々の気持ちの変化がしっかり作品として記録されています。

これは、堤監督かなりの「覚悟」をもっての取り組みであります。

まだご覧いただいていない皆さま、TBSオンデマンドで配信されている作品でありますので、是非ご覧ください。

まずは2週間無料ですのでお気軽にどうぞ。
TBSオンデマンド「Kesennuma,Voices.6」はこちらから

また、堤幸彦監督が自身のブログで以下のような投稿をしてくださっています。
気仙沼から、また新しい〝作品〟が生まれるかも??(笑)

 

気仙沼

2017-04-10 21:32:03 | 日記

日曜日は気仙沼にて「Kesennuma,Voices.6」の披露会。

ご出演いただいた皆様、
お世話になった皆様、
関係者の皆様に気仙沼プラザホテルの宴会場に集まっていただいた。

気仙沼プラザホテルはボランティアで伺い始めた当初からお世話になっていて、
大切な『家』のようになっている。
支配人、おかみさんはじめとしてスタッフの皆さんが本当に暖かい。
温泉もあり、
食事も美味しい。
おみやげも楽しい。
全国の皆さんに自信を持ってお勧めできるホテルだ。

「Voices」での6年にならんとする気仙沼の皆様との付き合いも段々親密になり、
いよいよというかそろそろというか、
“気仙沼発”のエンターテイメントを創ってみようかという気になってきた。
大学や放送業界の大先輩である生島ヒロシさんの少年時代の昭和30年代中盤、
活気溢れる国際港=気仙沼港町を闊歩する少年達の抱腹絶倒のストーリー。

作りたいなあ。
どなたかこの指とまらないか、、

そして、
今回の「KV6」の特集企画「亡き人への手紙」の企画者である東北学院大学の金菱教授とも久々にお会いした。
舞台挨拶での変わらぬ聡明で的確な発言に感動する。
ワタシの学者コンプレックスは更に増大した。
(笑)

ぜひ金菱教授の編纂した「悲愛」という書籍をお求めいただきたい。
「KV6」でも登場いただいた気仙沼の三人の方の手紙も入っている。
そこには一般的なインタビューでは感じることのできない、
“身内や大事なもの”を喪った皆様の尊い愛の実相に触れることができる。
被災地に伺っているからだろうか、
最近、こんなにも心を揺さぶられた書籍はない。

離島・大島に架けられた橋を見物。

高速道路も追々開通するとのこと。
気仙沼も大きく大きく変化していく。

堤幸彦の2017日記はこちらから
今後とも、この作品への応援をよろしくお願いします!
担当:船長
気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル
公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

その時!気仙沼の歴史が動いた!!


今日は気仙沼にとって、とてもスゴイ事が起きた一日でした。

 

50年来の悲願である、気仙沼と大島を結ぶ橋が架かったのです!!

本来であれば3月26日の予定でしたが、天候の都合により本日となりました。

これはこの瞬間を見ないと!と思い、今日一日は追っかけをしました。

 

昨夜、組み立て現場(商港岸壁)に到着したのが深夜12時過ぎ頃。

この時点では、まだ吊り上げの準備中でした。

ここでプチ情報が入りました。

どうやら作業が遅れているらしいぞと。。。

仕方がない。安全な作業が第一優先である。

とにかく待とう。。。。

ガンバッテくれ!深田サルベージ建設!!

 

ウトウトzzz は!(+_+)

ウトウトzzz は!は!(+_+)

 

と、車の中で待つこと4時間。

空が明るくなり、そろそろ日の出の時間も近づいたころ。

橋を吊り上げるサルベージ船のワイヤーが、ピンッ!と張りました!!

おお!いよいよか!!

と、気付けば周りはこの瞬間見たさにギャラリーがいっぱいでした。

最初は静かに静かに。。そっとそっと。。

おお!!浮いた!浮いた!!

吊り上ったーーーーー!!

20分くらいかかったでしょうか。

見事、この228m・2700トンのアーチ橋を吊り上げました!!

スゲエゼ!

深田サルベージ!!

しかし、まだまだ。

ここからは、架設現場まで移動である。

慎重に慎重に。

 

ホテル屋上からはこんな感じでした。

遠くからみてもスゴイ迫力でしたよ!

もちろんこの間、気仙沼湾を行き来する船は全て航行ストップです。

作業に遅れがでてしまっていたため、大島定期航路も急遽欠航ということになりました。

そして架設現場到着。

ゆっくり時間をかけて、慎重に慎重に降ろしていきます。

本当にピタッとハマルのか??

「あ~~~。ちょっと短かった~~~」なんてならないのか??

ド素人のわたしには心配で心配でたまりません。

そっと。。そっと。。

そっと。。そっと。。ゆっくり。。ゆっくり。。
恐いぐらいスゴイ迫力。。。

ガシャーン!!

お見事!!!!

2017年3月27日 AM9:45。

50年来の悲願であった、

気仙沼と大島が繋がりました!!

 

わたしも実は大島在住ですが、まさか本当に橋が架かるなんて!

ホント、夢みたいです。

 

そして、午後からは乗船見学会もありましたので、参加してきました。

船から眺める大島架橋も、これまた格別!

キレイな橋だわ!!

 

この架橋は、開通まで約2年かかります。

これを眺めながら待つ2年ももどかしいですが、一日でも早い開通を望みます!

 

完成すれば、橋長356m、アーチ支間長297m(全国3位、東日本最長)になります。

ぜひぜひ、一度はこの橋を渡りに来てほしいものです。

 

しかしながら、橋がかかっただけではいけませんね。

ここから私たちが、どうしていくのか。

気仙沼に住む大人として、観光従事者として、この橋を活かしつつどういった取り組みや事業をしていくのか。

開通までのこの2年で真剣に考えなければいけません。

 

本当の勝負は、これからなのです。

 

とは言っても、まずは今日はうれしい一日!

ウマイ酒を飲もう!!(笑)

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

復興屋台村気仙沼横丁 閉村式


今から5年4か月前の、2011年11月中旬。

あの震災からまだ8か月しか経過していなかった頃。。。

 

まだまだ被災物だらけで真っ暗なホテル周辺の内湾地区に、ポッと赤ちょうちんが灯りました。

復興屋台村気仙沼横丁。

 

震災で被災した飲食店の方々有志が集まり、仮設商店街として営業を再開させました。

〝  気仙沼は元気にがんばってるぞ! 〟

まさにそんな思いだったのではないでしょうか。

 

グランドオープンした2011年11月26日。

元気をもらいに、届けに、希望を抱き、開村式へおじゃました記憶があります。

このオープンに至るまでは、さまざまな困難とご苦労があったことと察します。

従来の「法」や「制度」では、震災後のこの状況をなかなか解決できないこともたくさんあったと聞いています。

それでも、全国から温かいご支援やご協力をもらい、オープンしていただけたことに、改めて感謝します。

 

オープン後は、全国各地からお客さまが訪れ、気仙沼の地酒を飲み、気仙沼の美味しい食事を楽しみ、気仙沼を支えてくださってくれました。

著名人の方も数多く訪れてくださったり、イベントも数多く開催していて、その度にたくさんの市内外のお客さまがここを訪れ、元気をもらいました。

屋台村に一番近い宿として、当館にお泊りいただいたお客さまも少なくありません。

お互いにコラボしたプラザホテルオリジナル企画「屋台村商品券付宿泊プラン」で、お客さまをご紹介しあえた本当に近しい関係でありました。

 

それから5年4か月。。。

 

国の制度事情や市の事情もあり、ついに本日、閉村式となってしまいました。

まず冒頭に、司会のかよちゃん(岩手佳代子さん)から「今日は笑って」のことばに、今日で終わりではなく、今日から新しいスタートなんだと思わされました。

かよちゃん強いな。と。

 

閉村式では、まずは気仙沼市長の挨拶に始まり、

次に、すでに卒業された店主さん含め、店主の皆さんが一同にステージに集まり、村長さんからご挨拶と感謝のことばがありました。

そして、屋台村の立ち上げに尽力いただいた理事の方々を代表し、元社長の若生さん(現富谷市長)から、立ち上げの時の話や感謝の挨拶があり、店主一同の皆さんから記念品が贈られました。

涙を流されながら挨拶するその姿に、当時のご苦労と、感謝の気持ちがたくさん込められていたことと思います。

わたしもつられて涙がポロポロと。

そして最後に、今日この閉村式の会場にご来場できなかった全国の皆さんに向け、感謝の気持ちを込めた風船をみんなで「ありがとうー!」って飛ばしました。

閉村式の後は、気仙沼の歌姫こと育美ちゃん(熊谷育美さん)のミニライブもあり、

全国からこの会場に駆けつけてくれた皆さんに、感謝のうたを届けてくれました。

 

屋台村は本日閉村式となりましたが、実営業は20日までやっています。

残り2日。

本当に終わってしまいます。

ぜひ終わる前に、もう一度、この復興屋台村気仙沼横丁で食べて飲んでみてください。

 

閉村後の各店主さんの未来はそれぞれで、自力で再建される方、新しくできる商店街にまたお店を出す方、まだ決まっていない方、辞めてしまう方。。。

 

まだまだたくさんの問題や不安を抱えています。

 

気仙沼の復興はまだまだ道半ばです。

でもきっと、この6年を乗り切ってきた皆さんとなら、また楽しい飲食店、気仙沼ができあがるんじゃないかと思っています。

 

復興屋台村気仙沼横丁関係者の皆さん、心から〝ありがとうございました〟

感謝状までいただいてしまいましたが、こちらこそ感謝です!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

Kesennuma,Voices.6 特別上映会のご案内


毎年恒例となりましたが、2017年作品の特別上映会日時が決まりました!

当日は、堤幸彦監督(2016年みなと気仙沼大使を委嘱)も駆けつけ、上映後に舞台挨拶もありますので、堤幸彦ファンのみなさま!

どうぞお越しくださいませ!!

【日時】

4月9日(日)

1回目上映 開場13時00分 開演13時30分 ※約90分のイベントです

2回目上映 開場16時30分 開演17時00分 ※約90分のイベントです

【場所】

気仙沼プラザホテル 2F コンベンションホール飛天

入場無料

【内容】

①作品上映「 Kesennuma,Voices.6」

②監督・出演者舞台挨拶

堤幸彦監督、生島勇輝(予定)、生島翔(予定)、東北学院大学 金菱清

 

 

と、ザッとこのようなイベント内容です。

このKesennuma,Voices.については、3月5日のブログで書かせていただいていますが、震災以降、ずっと気仙沼に寄り添ってくださっている堤幸彦監督。

 

最近はもう気仙沼を愛してやまない堤幸彦監督(笑)

そして、その堤監督を愛してやまないわたし(笑)

今や「堤組気仙沼支部」として、公式に?(笑) 有志メンバーで活動しております。

 

3月11日にはNHKの震災関連特番でもご出演され、気仙沼についてたくさんお話ししてくださいました。

 

気仙沼市内の皆さまにも、気仙沼市以外からお越しの皆さまにも、ぜひご覧いただきたい作品であります。

遠方からのお客さまは、ぜひお泊りを兼ねてお越しください。

映像だけではなく気仙沼の今の景色を、声を、感じてみてください。

 

ちょっと気仙沼は遠いな~、当日は行けないな~、と言う方はぜひTBSオンデマンドからご覧になってください!!

今回上映する最新作KV6含め、6作品全てがご覧になれます。

TBSオンデマンド「Kesennuma,Voices.」シリーズはこちらから!

 

それでは当日のご来場をお待ちしております!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大震災発災から6年・・・


いつも気仙沼プラザホテルのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

本日は3月11日。

とても穏やかな今日の気仙沼です。

 

東日本大震災発災から6年という月日が流れました。

当時より応援・ご支援・ご協力いただいてきました皆さまへ、改めて心より感謝と御礼を申し上げます。

ありがとうございます。

 

今日は全国がこの「東日本大震災」を考え、今の問題を取材・討論し、被災地各地から伝えていることと思います。

もちろん、さまざまな事情もあり、良い事も悪い事もあることでしょう。

でも、それだけ甚大な被害であり、時間がかかっているということなのだと思います。

気仙沼も写真の通り、まだまだ復興途中であります。

いろいろな立場や責任のある方もいますが、みんな、一生懸命に復興へ向け努力しています。

 

自分の立場だけで考えるのではなく、相手の立場になってみる、視点を代えてみることも必用なのだと考えさせる6年目であります。

 

気仙沼からはTBSが伝えてくれます。TBSとの関係性は、昨日のブログでも書かせていただきましたが、本当に感謝しております。

ぜひ、今日は気仙沼の6年目、被災地の6年目に耳を傾けてください。

そして、家族で・職場で・親しい仲間たちと、今後について考えていただければうれしいです。

 

まもなく14:46を迎えます。

さまざまな立場の方々が、さまざまな思いで黙祷をささげてくださることとと思います。

 

また、今日の過ごし方は、それぞれによってどのようなカタチでも良いと思います。

心穏やかに過ごす方もいれば、気の合う仲間や家族とお酒を飲んで楽しむ方もいていいと思っています。人それぞれ「悼む」カタチも気持ちも違います。

今日は誰もが「東日本大震災」ということを考えてくださっていることでしょう。

 

まだまだ山積している問題に向き合いながらも、気仙沼に活気を取り戻していくべく、これまでの「ご縁」「絆」を大切に、感謝し、当館としましては観光で盛り上げていこうと思っています。

今後とも、ご支援・応援を心よりお願い申し上げ、本日の挨拶とさせていただきます。

がんばっぺ!気仙沼!!

 

気仙沼プラザホテル 従業員一同

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!