三陸自動車道の三滝堂ICに道の駅がOPEN!


先月20日に、南三陸町に「南三陸海岸IC」が開通しました。

ここができたことによって、仙台方面から気仙沼方面へは、だいぶ早く感じられるようになってきたかな?と。

それにもう一つうれしいニュースが。
これまで「石巻河南IC」以北は2車線でしたが、おととい(3/30)から「桃生豊里IC」まで4車線区間が延伸しました!
これもうれしい!!

そしてそしてもう一つうれしいことに、本日!「三滝堂IC」に【道の駅 三滝堂】が開駅しました!!


国道と三陸道の間に建っているような感じなので、実質はサービスエリアのような感覚で利用できます。
ちょっとした食事場所もありましたよ。
これまでは「矢本PA」以北はトイレ休憩の際は高速から降りることしかできなかったので、これは便利になりましたね!!

駐車場も広いです。

道の駅に隣接してファミリーマートのコンビニもありました。

三陸方面へ旅行やドライブしてくるのが、ずいぶん楽になってきました!
さ!皆さんも!気仙沼へ!GO!GO!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

その時!気仙沼の歴史が動いた!!


今日は気仙沼にとって、とてもスゴイ事が起きた一日でした。

 

50年来の悲願である、気仙沼と大島を結ぶ橋が架かったのです!!

本来であれば3月26日の予定でしたが、天候の都合により本日となりました。

これはこの瞬間を見ないと!と思い、今日一日は追っかけをしました。

 

昨夜、組み立て現場(商港岸壁)に到着したのが深夜12時過ぎ頃。

この時点では、まだ吊り上げの準備中でした。

ここでプチ情報が入りました。

どうやら作業が遅れているらしいぞと。。。

仕方がない。安全な作業が第一優先である。

とにかく待とう。。。。

ガンバッテくれ!深田サルベージ建設!!

 

ウトウトzzz は!(+_+)

ウトウトzzz は!は!(+_+)

 

と、車の中で待つこと4時間。

空が明るくなり、そろそろ日の出の時間も近づいたころ。

橋を吊り上げるサルベージ船のワイヤーが、ピンッ!と張りました!!

おお!いよいよか!!

と、気付けば周りはこの瞬間見たさにギャラリーがいっぱいでした。

最初は静かに静かに。。そっとそっと。。

おお!!浮いた!浮いた!!

吊り上ったーーーーー!!

20分くらいかかったでしょうか。

見事、この228m・2700トンのアーチ橋を吊り上げました!!

スゲエゼ!

深田サルベージ!!

しかし、まだまだ。

ここからは、架設現場まで移動である。

慎重に慎重に。

 

ホテル屋上からはこんな感じでした。

遠くからみてもスゴイ迫力でしたよ!

もちろんこの間、気仙沼湾を行き来する船は全て航行ストップです。

作業に遅れがでてしまっていたため、大島定期航路も急遽欠航ということになりました。

そして架設現場到着。

ゆっくり時間をかけて、慎重に慎重に降ろしていきます。

本当にピタッとハマルのか??

「あ~~~。ちょっと短かった~~~」なんてならないのか??

ド素人のわたしには心配で心配でたまりません。

そっと。。そっと。。

そっと。。そっと。。ゆっくり。。ゆっくり。。
恐いぐらいスゴイ迫力。。。

ガシャーン!!

お見事!!!!

2017年3月27日 AM9:45。

50年来の悲願であった、

気仙沼と大島が繋がりました!!

 

わたしも実は大島在住ですが、まさか本当に橋が架かるなんて!

ホント、夢みたいです。

 

そして、午後からは乗船見学会もありましたので、参加してきました。

船から眺める大島架橋も、これまた格別!

キレイな橋だわ!!

 

この架橋は、開通まで約2年かかります。

これを眺めながら待つ2年ももどかしいですが、一日でも早い開通を望みます!

 

完成すれば、橋長356m、アーチ支間長297m(全国3位、東日本最長)になります。

ぜひぜひ、一度はこの橋を渡りに来てほしいものです。

 

しかしながら、橋がかかっただけではいけませんね。

ここから私たちが、どうしていくのか。

気仙沼に住む大人として、観光従事者として、この橋を活かしつつどういった取り組みや事業をしていくのか。

開通までのこの2年で真剣に考えなければいけません。

 

本当の勝負は、これからなのです。

 

とは言っても、まずは今日はうれしい一日!

ウマイ酒を飲もう!!(笑)

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

南三陸町へ行ってみた!


今日は南三陸町を少しリポートしたいと思います。

気仙沼へお越しの際に、または、お帰りの際にお立ち寄りされる方も多いと思いますので。

 

まだまだ復興最中の南三陸町ではありますが、すでにご存知の方も多いと思いますが、

【さんさん商店街】

新しく本設され、規模も大きくお店も増えておりました!

わたしが行った時間はお昼前でした。

写真ではあまり人気を感じられないと思いますが、すでに各店とも満席に近い状態で賑わっていましたね。

また、商店街中央部には木製のイステーブルが並んでいて、天気が良くて暖かくなってくれば賑わうだろうな~という感じです。

お寿司やさんやお土産屋さんなどなど。南三陸へ行ったときには必ず寄る場所になるでしょうね(笑)

 

また、さんさん商店街のすぐ横には、南三陸町内を見渡せる見晴し台もありました。

すごく目立つので、行くとすぐわかると思います。

見晴し台からの景色はこんな感じです。

キレイな志津川湾、そして、震災遺構の「南三陸町防災対策庁舎」も盛り土の間に見えます。

(今現在は、防災対策庁舎付近へは立ち入りできません)

360℃のパノラマ景色を「楽しむ」という気分にはなれないかもしれませんが、「今」の南三陸町を見る、感じることができますので、ぜひ、登ってみてほしいです。

ちなみに、姉妹館の南三陸ホテル観洋もよろしくお願いします<(_ _)>

 

そしてそして、南三陸町の最近の話題といえば!

3月20日に!

【南三陸海岸IC】

が共用開始となりました!!

国道45号線を走っていると大きく看板も出ていますので、迷うことはないと思います。

ホテル出発からだと、このICまで約60分でした。

 

これまで、仙台方面へ向かう場合(仙台方面から来る場合も)、三陸自動車「登米IC」または「登米東和IC」⇔ 国道346号線 ⇔ 国道45号線をご案内しておりましたが、この「南三陸海岸IC」の場合は45号線だけで行き来できますのでわかりやすいです。

特に、大型バスの場合は45号線利用のほうが道幅も広く、ストレスは少ないかなと。

仙台との所用時間は登米東和ICを使う場合とほぼ同じでした。

 

平成29年度中にも、どんどんと三陸自動車道が北進予定です。

気仙沼と仙台の時間がどんどん短縮され、足を運びやすい環境になるということで、お越しになっていただくお客さま方も、わたしたちも、楽しみですね!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

【南三陸海岸IC】いよいよ20日供用開始!


少しずつ少しずつ延伸している三陸自動車道ですが、

いよいよ3月20日(午後4:30~)に!

【南三陸海岸IC】が開通!

になります!!

 

これはまたうれしいニュースですね!

開通式は午後2:00~IC付近の特設会場で行われ、地元学生の吹奏楽演奏や伝統芸能、テープカットなどがあるそうです。

 

南三陸海岸ICは起点の仙台港北ICから約90キロの地点で、仙台への移動時間は【志津川IC】から乗り降りするよりも約5分ほど短縮されるそうです。

 

気仙沼からだとどうなのかな~

今現在は、時間でいえばまだ【登米東和IC】から乗った方が、まだ早い感じがしているのですが、この新しいICができたことで、45号線を南下して南三陸海岸ICから乗ったほうが早くなるかも?

今度、検証してみて、またリポートします!!

 

また、同日からは【三滝堂IC】に併設するパーキングエリアのトイレや駐車場も利用可能になるとのことです。

 

仙台の方には気仙沼まで「遠いね~~~」と言われることがまだまだ多い気仙沼ですが、少しずつ時間短縮が進んでいます。

アクセスが良くなることで便利になるぶん、観光受け地では「通りすがり」のまちにならないよう、魅力のあるまちにしていかないと!がんばらないと!ですね!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

三陸復興大同窓会「さんりくるっと」開催!


今日はイベントのご紹介です!

じゃん!

三陸復興大同窓会「さんりくるっと」です!!

 

震災発災から6年の間に、国や年齢、性差を問わず、そして企業、行政、NPOの垣根を越えて、多くの方々から熱い励ましと温かいご支援をいただきました。

今日を迎えることができているのも、皆さまの今も変わらぬご支援のおかげです。

心から感謝を申し上げます。

 

しかしながら、復興はまだ道半ばです。私たちはこの6年間の感謝、祈り、三陸をさらに発展させていく決意を込めて、大槌・釜石・大船渡・陸前高田・住田・気仙沼・南三陸、地域を越えた仲間たちと『三陸復興大同窓会』を開催するにいたりました。

 

震災を機につながったご縁を大切にし、復興の現状を感じてもらいながら、三陸の魅力を存分に堪能していただく、そして、三陸の未来を皆さまとともに考え、これからの地域を担う子供たちへ伝える場を創っていくことで、復興の一助となれるよう努めてまいります。

初年度の開催地は大船渡となります。

三陸のおもてなしをご用意してお待ちしておりますので、ぜひお越しくださいませ。

(さんりくるっと実行委員会 開催趣意書より抜粋)

 

ということで、3月25日・26日は大船渡に集まろう!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!