気仙沼つばきマラソンに初参加してみた!


今年で第34回となる「河北新報気仙沼つばきマラソン」に初参加してきました!

会場は〝緑の真珠〟とうたわれる自然豊かな気仙沼大島。
わたしも大島在住ですが、いままで参加したこともなく・・・

半分はノリで参加してみました(笑)

朝8:00に気仙沼から旅客船に乗って出発!
ここでは気仙沼つばき会さんが、参加者をお見送りしていました。

皆さんがこのお見送りに元気をもらっている中、当館の田村女将(左から2人目)から「辞めるなら今のうちだよ」と脅され(笑)、

いやいや、「がんばって完走してきます!」と脅しを振り切り、いざ大島へ!
「いってきまーす!!」

ホテルスタッフも、お魚いちばのスタッフもお見送りしてくれました。

ありがとー!行ってきまーす!
(スタッフみんなから、かなり心配されていたわたしです(笑))

9:00からの開会式。
今日は暑いくらいの晴天のなか、ホヤぼーやも応援にかけつけてくれていました。

わたしといっしょに参加した仲間といっしょに、パチリ。

今年は全国から1366名のランナーがエントリー。
わたしたち2人が走る10キロコースには約700名の参加。

スタート30秒前。
ドキドキ。ドキドキ。完走できるかどうか不安のスタート。

パン!と号砲がなり一斉にスタート!

沿道の皆さんに「ガンバレー!」と声援をいただきながら走っていました。
(※途中は写真を撮る余裕が一切なかったわたし)

中には、ピコ太郎やバナナ、にわとりなどなどコスプレして走っている方もいましたよ(笑)
沿道で応援している子供たちがすごく喜んでいました。
お互いに元気をもらっているのかもしれませんね(笑)

わたしも地元大島だけに、同級生やお世話になっているお母さん方にたくさんの声援をもらいました。
「たっけちゃんがんばらいん!」
「お!!プラザ代表ガンバレー!」
「それ走ってんじゃなくて歩いてんだべ!(笑)」
などなど。

そんな温かい声援をもらいながら、なんとか完走できました!!
タイムはともあれ、完走できてよかった~。
完走証もいただいてきましたよ。

走り終えたあとは、楽しみにしていたお振舞いごちそうタイム!
大島のお母さん方が手作りしたわかめ汁や、お父さん方が焼いてくれたマグロのカブト焼きなど、身体に浸みる美味しさでした。

練習不足もありちょっとシンドかったけど、初参加だったわりにはとても楽しいマラソンでした!

ぜひ、また来年も参加したいな!と思っています。
マラソンが得意ではないわたしでも完走できますので、自信のない方でもご安心して来年ゼヒご参加ください!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

神田紅独演・講談会


おばんでございます。

本日は当館にて、神田紅さんの独演・講談会がありました。
神田先生は、実は気仙沼には20年ぶりでお越しになられたそうです。

震災があって、何かお役に立ちたいと思い続けてくださっていたのですが、なかなかタイミングが合わず、今回のご縁があって念願の開催となったそうです。
こうして神田先生の独演講談を拝聴することはとてもとても貴重なことであり、しかも無料でというからこれまた貴重な時間でありました。


わたし自身、初めて講談というものを経験しましたが、とにかく〝話術〟というのかな、観客を圧倒するというか、包み込むというか、一言で言えば「スゴイ!」しか出てこないのですが、初心者用にわかりやすくお話しもしてくださり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

もっと知識をつけて観れると、もっと楽しめるんだろーなー。
日本のこういった「文化」って本当に素晴らしいなー。
と思いながら見入ってましたね。

お集まりいただいたお客様は約150名。
皆さんが皆さん、講談に触れ合うのが初めてという方々で、同じような感想でした。

この講談会。
ただ神田紅さんの講談を聴いてるだけではございません。

お客様といっしょに練習して、その後は実際に講談をしてもらっちゃうからオモシロイ(笑)

突然会場で選ばれた3名さん。
ちょっと難しいやら恥ずかしいやらでしたが、でも楽しそうにとても上手にできてました(笑)

終始なごやかに催されたこの講談会、タイトルにもあるように、ご来場者全員が元気をいただきました。

また必ず、気仙沼へ来ていただけることでしょう。
神田紅先生、本当にありがとうございました!

皆さんも、どこかで講談に触れ合う機会があれば、ぜひ!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

講談で気仙沼を元気に!神田紅独演・講演会!


イベントのご案内です!

4月15日(土)午後3:00~午後4:30、気仙沼プラザホテル(飛天の間)を会場に、講談師 神田 紅さんの独演・講演会が開催されます!

開場は午後2:30~、入場料(参加料)は無料です。

 

皆さんは、講談を聴いたことはありますか?

 

講談は落語と同様に伝統芸能の一つです。道具は扇子、手拭い、張り扇のみ。張り扇で台をパンパン叩いてリズミカルに歴史上の出来事や人の情を生き生きと語ります。まさに言葉による一人芝居の極みです。

(神田紅オフィシャルサイトより写真引用)

講談の魅力は、次々と溢れ出る言葉の乱舞と調子良さ、そして何よりも聴くことの心地よさに心が素直に元気になることでしょう。

気仙沼の皆さまに神田紅先生の楽しいトークと元気な講談をお届けし、「講談の楽しさと全国のがんばりを伝えるとともに気仙沼の魅力を共有する」ことを目的としています。

この機会に先人の知恵や勇気、心やさしさや遊び心満載の講談に触れていただくとともに、珠玉の紅話芸を知る貴重な時間を共有することができればうれしいです。

 

講談を知っている方はもちろん知らなかった方も、どうぞお誘いあわせのうえお気軽に、当日は当館へお越しください。

遠方の方は、どうぞご宿泊もかねていかがですか?

担当:船長

 

神田紅オフィシャルサイト「講談 神田紅の世界」はここをクリック!

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

南町紫市場が閉鎖へ・・・


先日の大島架橋架設はうれしい事でしたが、今度は淋しいですが、また一つの「灯り」が終わろうとしています。

本日の三陸新報記事から引用させていただいてます。

 

南町地区の土地区画整理事業などに伴い、4月30日に閉鎖されることが決まってる気仙沼市南町の仮設商店街「気仙沼復興商店街南町紫市場」の閉店感謝祭が、明日4月1日午前11:00~開かれます。

残念ながら、明日は弊社入社式もあるために、同商店街に駆けつけることができないので告知をさせていただきます。

 

南町紫市場は、平成23年12月に53店舗でオープンしました。

それ以降、先日閉村した復興屋台村気仙沼横丁とともに、この内湾地区、南町地区に希望の灯りを点し、全国各地からのボランティアや支援団体に支えてもらいながら、各店舗が営業を続けてこれてきました。

現在は29店舗が入居中で、5月中旬にオープン予定の共同店舗には13店舗が入居するほか、個店をオープンさせる店もあるそうですが、9店舗はまだ未定とのこと。

閉店感謝祭後も営業を続ける店が多いですが、4月23日頃までには全ての店が閉店する予定になっているそうです。

 

こちらの南町紫市場へも、閉鎖される前に是非!今一度、遊びに、食事に、お越しください!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

気仙沼を「ちょいのぞき!」


いつもブログをご覧いただいてありがとうございます。

 

今日は気仙沼を!気仙沼らしさを!知れる!楽しめる!!

ご案内です。

 

なんだかんだで3年目。これまで毎月1回ずつではありますが、イベント型で開催をしてきた

【 しごと場あそび場ちょいのぞき気仙沼 】

もう体験していただきましたでしょうか?

 

気仙沼の水産業を支える源である「気仙沼魚市場」を見学したり、魚を出荷するためには欠かせない「氷屋」「製函屋」を見学体験、漁船をつくったりメンテナンスする「造船所」、その他にも、シーカヤック体験などの海のレジャー、もう最後には漁師にもなっちゃおう!とか。
それから、 海だけではなく農業もある!ということで「気仙沼いちご」農家体験などなど、季節ごとにたくさんの「気仙沼」らしさを体験プログラム化し、体験アクティビティとしてご利用いただいてきました。

紹介しきれない数なので、一部だけ写真で紹介させてもらいます。
  
(ちょいのぞき気仙沼 facebookページからも引用)

 

そんな「ちょいのぞき気仙沼」ですが、4月からはパワーアップ!!

これまで月1回で開催してきたものを、4月からは毎週やっちゃいますよ!!

しかもすでに6月までプログラムを組んでいます!!

画面上だとわかりづらいと思いますので、

詳しく知りたい方はこちらからのページをクリック!!
気仙沼ちょいのぞきHP

そのままお申込みもできますので、ゼヒご覧になってくださいませ。

これまでの開催内容や写真はこちらのページをクリック!!
気仙沼ちょいのぞきfacebookページ

とにかく、気仙沼らしい体験が毎週ありますので、お近くの方も遠方の方も、週末は気仙沼で遊んでくださいね!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

第13回 目黒イーストエリア桜まつり


なんだかんだでもう3月下旬。

東京ではすでに桜の開花も発表され、気付けばもうそんな時期なのか~と思わされますね。

そんな春がきた東京で開催される

【第13回目黒イーストエリア桜まつり】

ここに、気仙沼がやってくる!

関東圏、近郊の皆さんは、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

詳細はこちら(目黒イーストエリア桜まつりfacebookページ)

 

こんな情報ページもあるようです。

季節お役立ち情報局はこちらから

 

気仙沼(気仙沼プラザホテル玄関前)の桜は、昨年は4月10日頃が満開でしたが、今年は・・・

(2016年4月10日撮影)

 

また開花状況はお知らせしていきたいと思いますが、気仙沼は日中こそ気温は10℃前後ではありますが、まだまだ風が冷たい!

早く春よ来い来い!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

復興屋台村気仙沼横丁 閉村式


今から5年4か月前の、2011年11月中旬。

あの震災からまだ8か月しか経過していなかった頃。。。

 

まだまだ被災物だらけで真っ暗なホテル周辺の内湾地区に、ポッと赤ちょうちんが灯りました。

復興屋台村気仙沼横丁。

 

震災で被災した飲食店の方々有志が集まり、仮設商店街として営業を再開させました。

〝  気仙沼は元気にがんばってるぞ! 〟

まさにそんな思いだったのではないでしょうか。

 

グランドオープンした2011年11月26日。

元気をもらいに、届けに、希望を抱き、開村式へおじゃました記憶があります。

このオープンに至るまでは、さまざまな困難とご苦労があったことと察します。

従来の「法」や「制度」では、震災後のこの状況をなかなか解決できないこともたくさんあったと聞いています。

それでも、全国から温かいご支援やご協力をもらい、オープンしていただけたことに、改めて感謝します。

 

オープン後は、全国各地からお客さまが訪れ、気仙沼の地酒を飲み、気仙沼の美味しい食事を楽しみ、気仙沼を支えてくださってくれました。

著名人の方も数多く訪れてくださったり、イベントも数多く開催していて、その度にたくさんの市内外のお客さまがここを訪れ、元気をもらいました。

屋台村に一番近い宿として、当館にお泊りいただいたお客さまも少なくありません。

お互いにコラボしたプラザホテルオリジナル企画「屋台村商品券付宿泊プラン」で、お客さまをご紹介しあえた本当に近しい関係でありました。

 

それから5年4か月。。。

 

国の制度事情や市の事情もあり、ついに本日、閉村式となってしまいました。

まず冒頭に、司会のかよちゃん(岩手佳代子さん)から「今日は笑って」のことばに、今日で終わりではなく、今日から新しいスタートなんだと思わされました。

かよちゃん強いな。と。

 

閉村式では、まずは気仙沼市長の挨拶に始まり、

次に、すでに卒業された店主さん含め、店主の皆さんが一同にステージに集まり、村長さんからご挨拶と感謝のことばがありました。

そして、屋台村の立ち上げに尽力いただいた理事の方々を代表し、元社長の若生さん(現富谷市長)から、立ち上げの時の話や感謝の挨拶があり、店主一同の皆さんから記念品が贈られました。

涙を流されながら挨拶するその姿に、当時のご苦労と、感謝の気持ちがたくさん込められていたことと思います。

わたしもつられて涙がポロポロと。

そして最後に、今日この閉村式の会場にご来場できなかった全国の皆さんに向け、感謝の気持ちを込めた風船をみんなで「ありがとうー!」って飛ばしました。

閉村式の後は、気仙沼の歌姫こと育美ちゃん(熊谷育美さん)のミニライブもあり、

全国からこの会場に駆けつけてくれた皆さんに、感謝のうたを届けてくれました。

 

屋台村は本日閉村式となりましたが、実営業は20日までやっています。

残り2日。

本当に終わってしまいます。

ぜひ終わる前に、もう一度、この復興屋台村気仙沼横丁で食べて飲んでみてください。

 

閉村後の各店主さんの未来はそれぞれで、自力で再建される方、新しくできる商店街にまたお店を出す方、まだ決まっていない方、辞めてしまう方。。。

 

まだまだたくさんの問題や不安を抱えています。

 

気仙沼の復興はまだまだ道半ばです。

でもきっと、この6年を乗り切ってきた皆さんとなら、また楽しい飲食店、気仙沼ができあがるんじゃないかと思っています。

 

復興屋台村気仙沼横丁関係者の皆さん、心から〝ありがとうございました〟

感謝状までいただいてしまいましたが、こちらこそ感謝です!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

Kesennuma,Voices.6 特別上映会のご案内


毎年恒例となりましたが、2017年作品の特別上映会日時が決まりました!

当日は、堤幸彦監督(2016年みなと気仙沼大使を委嘱)も駆けつけ、上映後に舞台挨拶もありますので、堤幸彦ファンのみなさま!

どうぞお越しくださいませ!!

【日時】

4月9日(日)

1回目上映 開場13時00分 開演13時30分 ※約90分のイベントです

2回目上映 開場16時30分 開演17時00分 ※約90分のイベントです

【場所】

気仙沼プラザホテル 2F コンベンションホール飛天

入場無料

【内容】

①作品上映「 Kesennuma,Voices.6」

②監督・出演者舞台挨拶

堤幸彦監督、生島勇輝(予定)、生島翔(予定)、東北学院大学 金菱清

 

 

と、ザッとこのようなイベント内容です。

このKesennuma,Voices.については、3月5日のブログで書かせていただいていますが、震災以降、ずっと気仙沼に寄り添ってくださっている堤幸彦監督。

 

最近はもう気仙沼を愛してやまない堤幸彦監督(笑)

そして、その堤監督を愛してやまないわたし(笑)

今や「堤組気仙沼支部」として、公式に?(笑) 有志メンバーで活動しております。

 

3月11日にはNHKの震災関連特番でもご出演され、気仙沼についてたくさんお話ししてくださいました。

 

気仙沼市内の皆さまにも、気仙沼市以外からお越しの皆さまにも、ぜひご覧いただきたい作品であります。

遠方からのお客さまは、ぜひお泊りを兼ねてお越しください。

映像だけではなく気仙沼の今の景色を、声を、感じてみてください。

 

ちょっと気仙沼は遠いな~、当日は行けないな~、と言う方はぜひTBSオンデマンドからご覧になってください!!

今回上映する最新作KV6含め、6作品全てがご覧になれます。

TBSオンデマンド「Kesennuma,Voices.」シリーズはこちらから!

 

それでは当日のご来場をお待ちしております!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

 

三陸復興大同窓会「さんりくるっと」開催!


今日はイベントのご紹介です!

じゃん!

三陸復興大同窓会「さんりくるっと」です!!

 

震災発災から6年の間に、国や年齢、性差を問わず、そして企業、行政、NPOの垣根を越えて、多くの方々から熱い励ましと温かいご支援をいただきました。

今日を迎えることができているのも、皆さまの今も変わらぬご支援のおかげです。

心から感謝を申し上げます。

 

しかしながら、復興はまだ道半ばです。私たちはこの6年間の感謝、祈り、三陸をさらに発展させていく決意を込めて、大槌・釜石・大船渡・陸前高田・住田・気仙沼・南三陸、地域を越えた仲間たちと『三陸復興大同窓会』を開催するにいたりました。

 

震災を機につながったご縁を大切にし、復興の現状を感じてもらいながら、三陸の魅力を存分に堪能していただく、そして、三陸の未来を皆さまとともに考え、これからの地域を担う子供たちへ伝える場を創っていくことで、復興の一助となれるよう努めてまいります。

初年度の開催地は大船渡となります。

三陸のおもてなしをご用意してお待ちしておりますので、ぜひお越しくださいませ。

(さんりくるっと実行委員会 開催趣意書より抜粋)

 

ということで、3月25日・26日は大船渡に集まろう!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

3月11日からのヒカリ2017


おばんです(こんばんわ)。

 

どうしても今の時期は3月11日に関する情報の連投になってしまいますが、そこはお許しください。

気仙沼では、毎年3月11日に

3月11日からのヒカリ

という企画をしています。

 

東日本大震災発災の翌年から毎年、「悼み」「希望」「感謝」の思いを込めて、光のモニュメント3本のヒカリの柱を立ち上げています。

 

こんな感じです。

 

気仙沼市のシンボルである内湾(鼎が浦)の3つの岬から、大型のサーチライトを設置して夜空へと光の慰霊碑を立ち上げます。

3本の光の柱が、世界中の人々の気持ちを寄せ合い。震災の記憶を刻む碑となり、私たちの未来を照らす灯りになることを願っています。

(3月11日からのヒカリ2017実行委員会 開催概要から抜粋)

 

また、同時開催されるインターネット中継

39-311 気仙沼を届けよう。

では、3月9日から3月11日の3日間、一般参加による写真とテキストのリアルタイム中継をおこないます。

詳細、参加方法はこちらから。

気仙沼にいる方は、皆さんの視点からの「6年目の気仙沼」を全国の皆さんに発信してください。

当日は、閲覧だけでもどうぞご覧になって、今の気仙沼を感じてください。

 

また、当日は若干ではありますが空室が出ましたので、ぜひこの光の柱を見たいという方は気仙沼へお越しください。

ご予約ページはこちらから

 

担当:船長

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!