気仙沼海の市に新たな施設がオープン!!


おばんでございます。
今日も温かかったですね~。
ホテルまで上がる坂道も桜が満開でキレイですよー。

さてさて、まもなくGWですね~。今年は3日から7日まで5連休ですね。皆さんはもう気仙沼への旅行計画はお済ですか??(笑)

気仙沼に行くよ!という方は、気仙沼海の市内に新しい見どころができますので、ゼヒお立ち寄りくださいね!

その見どころというのは、震災以前にも海の市内にありました

【氷の水族館】

が、6年2か月ぶりに4月29日にリニューアルオープンします!

気仙沼港に水揚げされたカツオやサメなど閉じ込められた氷柱約80本が、マイナス20℃の冷凍庫内で見学できます。
また、それだけではなく、震災以前の氷の水族館には無かった、さまざまな〝仕掛け〟もあるようです(笑)

寒そうだけど、楽しみだな~(笑)

それとあわせて、今回の氷の水族館の壁画も斬新なデザインに!!

じゃん!!

この壁画は、テレビ東京系の人気番組「Youは何しに日本へ?」で取り上げられたことがきっかけで知られるようになった、ベルギー人壁画アーティストのソー・メンさんが描いてくださったんですよ!

氷柱と合わせて、ゼヒご覧になってくださいね!

 

それともうひとつ!!

これも待ち望んだものかもしれません。

じゃん!!

【ホヤぼーやショップ】

です!!

その名のとおり、気仙沼市観光キャラクター「海の子 ホヤぼーや」グッズの専門店であります!

こちらは4月20日のオープンですよ!!

ホヤぼーやファンにはたまらないお店ですよね~(笑)
Tシャツ、マグカップ、お菓子や食品など約150種類の商品を取りそろえているそうです。

店内には「海の子神社」があり、願い事を託した絵馬なども奉納できるとのこと。銭箱も用意しており、寄せられたさい銭は全国各地の災害被災地に義援金として贈られるそうです。

ということで、GW前に楽しそうな立ち寄り場所が2か所できますので、ゼヒゼヒゼヒゼヒ!宜しくお願いします!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

気仙沼も桜満開!


昨日今日の温かさで、ホテル前の桜たちが一気に満開になりました!
わたしの記録写真からすると、昨年より一週間ほど遅いかな?

気仙沼市内の方々のSNSを観ていると、気仙沼市内全般的に満開のようです!

やっと気仙沼も春!って感じです!!

 

気仙沼へ遊びにお越しくださいませ!ませ!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

 

 

神田紅独演・講談会


おばんでございます。

本日は当館にて、神田紅さんの独演・講談会がありました。
神田先生は、実は気仙沼には20年ぶりでお越しになられたそうです。

震災があって、何かお役に立ちたいと思い続けてくださっていたのですが、なかなかタイミングが合わず、今回のご縁があって念願の開催となったそうです。
こうして神田先生の独演講談を拝聴することはとてもとても貴重なことであり、しかも無料でというからこれまた貴重な時間でありました。


わたし自身、初めて講談というものを経験しましたが、とにかく〝話術〟というのかな、観客を圧倒するというか、包み込むというか、一言で言えば「スゴイ!」しか出てこないのですが、初心者用にわかりやすくお話しもしてくださり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

もっと知識をつけて観れると、もっと楽しめるんだろーなー。
日本のこういった「文化」って本当に素晴らしいなー。
と思いながら見入ってましたね。

お集まりいただいたお客様は約150名。
皆さんが皆さん、講談に触れ合うのが初めてという方々で、同じような感想でした。

この講談会。
ただ神田紅さんの講談を聴いてるだけではございません。

お客様といっしょに練習して、その後は実際に講談をしてもらっちゃうからオモシロイ(笑)

突然会場で選ばれた3名さん。
ちょっと難しいやら恥ずかしいやらでしたが、でも楽しそうにとても上手にできてました(笑)

終始なごやかに催されたこの講談会、タイトルにもあるように、ご来場者全員が元気をいただきました。

また必ず、気仙沼へ来ていただけることでしょう。
神田紅先生、本当にありがとうございました!

皆さんも、どこかで講談に触れ合う機会があれば、ぜひ!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

Kesennuma,Voices.6 特別上映会


4月9日(日)に、当館にて

「Kesennuma,Voices.6」

の特別上映会がありました。

この作品については以前からも紹介させていただいてきましたが、東日本大震災後の気仙沼の復興へ向かう、気仙沼人の「声」の記録、まちの記録であります。

毎年恒例となりましたこの上映会には、気仙沼市内・外から100名を超えるたくさんの方々がご来場くださり、また、企画・構成をしてくださっている堤幸彦監督、主演の生島勇輝さん・生島翔さんも、今年も東京から駆けつけてくださり舞台挨拶もありました。

中には、こんな作品を作っている事を初めて知ったという方もいて、
「もっと早く知っていたかった」
「これまでのKV1~5も観たい」
「これからも継続してほしい」
などのお声が聴かれました。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

この「Kesennuma,Voices.」は10年は続けると言ってくださっている堤監督。それは、震災直後からの気仙沼復興の10年の貴重な記録なのです。

たしかにKV1~6を続けて観ていくと、まちの変化、被災された方々の気持ちの変化がしっかり作品として記録されています。

これは、堤監督かなりの「覚悟」をもっての取り組みであります。

まだご覧いただいていない皆さま、TBSオンデマンドで配信されている作品でありますので、是非ご覧ください。

まずは2週間無料ですのでお気軽にどうぞ。
TBSオンデマンド「Kesennuma,Voices.6」はこちらから

また、堤幸彦監督が自身のブログで以下のような投稿をしてくださっています。
気仙沼から、また新しい〝作品〟が生まれるかも??(笑)

 

気仙沼

2017-04-10 21:32:03 | 日記

日曜日は気仙沼にて「Kesennuma,Voices.6」の披露会。

ご出演いただいた皆様、
お世話になった皆様、
関係者の皆様に気仙沼プラザホテルの宴会場に集まっていただいた。

気仙沼プラザホテルはボランティアで伺い始めた当初からお世話になっていて、
大切な『家』のようになっている。
支配人、おかみさんはじめとしてスタッフの皆さんが本当に暖かい。
温泉もあり、
食事も美味しい。
おみやげも楽しい。
全国の皆さんに自信を持ってお勧めできるホテルだ。

「Voices」での6年にならんとする気仙沼の皆様との付き合いも段々親密になり、
いよいよというかそろそろというか、
“気仙沼発”のエンターテイメントを創ってみようかという気になってきた。
大学や放送業界の大先輩である生島ヒロシさんの少年時代の昭和30年代中盤、
活気溢れる国際港=気仙沼港町を闊歩する少年達の抱腹絶倒のストーリー。

作りたいなあ。
どなたかこの指とまらないか、、

そして、
今回の「KV6」の特集企画「亡き人への手紙」の企画者である東北学院大学の金菱教授とも久々にお会いした。
舞台挨拶での変わらぬ聡明で的確な発言に感動する。
ワタシの学者コンプレックスは更に増大した。
(笑)

ぜひ金菱教授の編纂した「悲愛」という書籍をお求めいただきたい。
「KV6」でも登場いただいた気仙沼の三人の方の手紙も入っている。
そこには一般的なインタビューでは感じることのできない、
“身内や大事なもの”を喪った皆様の尊い愛の実相に触れることができる。
被災地に伺っているからだろうか、
最近、こんなにも心を揺さぶられた書籍はない。

離島・大島に架けられた橋を見物。

高速道路も追々開通するとのこと。
気仙沼も大きく大きく変化していく。

堤幸彦の2017日記はこちらから
今後とも、この作品への応援をよろしくお願いします!
担当:船長
気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル
公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

春よ来い!


いや~!ここ最近は一気に温かくなりましたねー!

気仙沼でも日中は13℃~15℃と気持ちイイ過ごしやすい陽気が続いています。

 

天気のイイ日には、ホテルから気仙沼大島架橋も良く観えますよ。

この景色に、観光で訪れるお客さまよりも、気仙沼市内の方が喜んでおります(笑)

 

こうなると、気仙沼でも早く桜が咲かないかな~と待ち遠しいですね。

今日現在、ホテル玄関前の枝垂桜はこんな感じ。

ん~~~、まだまだかな~~~。

昨年よりは遅いですね。

 

まあ、じっくりと待ちましょう。

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

講談で気仙沼を元気に!神田紅独演・講演会!


イベントのご案内です!

4月15日(土)午後3:00~午後4:30、気仙沼プラザホテル(飛天の間)を会場に、講談師 神田 紅さんの独演・講演会が開催されます!

開場は午後2:30~、入場料(参加料)は無料です。

 

皆さんは、講談を聴いたことはありますか?

 

講談は落語と同様に伝統芸能の一つです。道具は扇子、手拭い、張り扇のみ。張り扇で台をパンパン叩いてリズミカルに歴史上の出来事や人の情を生き生きと語ります。まさに言葉による一人芝居の極みです。

(神田紅オフィシャルサイトより写真引用)

講談の魅力は、次々と溢れ出る言葉の乱舞と調子良さ、そして何よりも聴くことの心地よさに心が素直に元気になることでしょう。

気仙沼の皆さまに神田紅先生の楽しいトークと元気な講談をお届けし、「講談の楽しさと全国のがんばりを伝えるとともに気仙沼の魅力を共有する」ことを目的としています。

この機会に先人の知恵や勇気、心やさしさや遊び心満載の講談に触れていただくとともに、珠玉の紅話芸を知る貴重な時間を共有することができればうれしいです。

 

講談を知っている方はもちろん知らなかった方も、どうぞお誘いあわせのうえお気軽に、当日は当館へお越しください。

遠方の方は、どうぞご宿泊もかねていかがですか?

担当:船長

 

神田紅オフィシャルサイト「講談 神田紅の世界」はここをクリック!

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

祝!新入社員入社式!


いつも気仙沼プラザホテルのブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

本日は弊社の入社式「平成29年度 阿部長商店グループ新入社員入社式」が南三陸ホテル観洋で執り行われました。

今年は、本社・観光事業部・水産事業部あわせて合計20名の入社です。

まずは、阿部社長より式辞がありました。

 

震災から6年。。。やっと各事業所や施設の復興はまず終わることができた。

これからは、アイデアや戦略、商品力が求められていく。

皆さんの若い力で、会社を地域を、支えてください。と力強いことばでした。

その後に社章が授与され、阿部長商店グループの一員として仲間入りです。

そして、歓迎のことば、謝辞と続き、

滞りなく、入社式が終わりました。

最後には、恒例の記念集合写真。

毎年、入社式のたびに、自分の社会人一年目を振り返ってしまいます。

皆さんもそうじゃないですか?ね?(笑)

あの頃は若かったよな~ってとこが一番感じるところですよね?(笑)

 

さて、今年、気仙沼プラザホテルには高卒の男性1名が配属されます。

しっかりと教えないと!と思う気持ち以上に、自分たちが襟を正さないと!と思っています。

さてさて、どんな成長が見られるか。。。

新入社員みんなが先輩たちの仕事をみて、気付くことができる仕事、自分で仕事を見つけて自ら動ける仕事をしてほしいと思います!

若者!ガンバレ!!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

日テレ『視覚探偵 日暮旅人』にホヤぼーやと・・・


昨日のブログで、気仙沼の観光ゆるキャラ「ホヤぼーや」が、いろいろとドラマに出演してますとご案内しましたが、昨日の日テレ『視覚探偵 日暮旅人』の最終話にも登場しました!

いつもですが、見つけてくださった気仙沼の方、気仙沼ファンの方がいて、喜んでくれていたら、元気をもらってくれていたらわたしの本望です。

また出してもらえるように営業していきますし、その際は告知しますね。

 

ちなみに、、、、

わたしもちょっと出演させてもらいました(笑)

  

堤監督、関係者皆さん!ありがとうございました!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

復興屋台村気仙沼横丁 閉村式


今から5年4か月前の、2011年11月中旬。

あの震災からまだ8か月しか経過していなかった頃。。。

 

まだまだ被災物だらけで真っ暗なホテル周辺の内湾地区に、ポッと赤ちょうちんが灯りました。

復興屋台村気仙沼横丁。

 

震災で被災した飲食店の方々有志が集まり、仮設商店街として営業を再開させました。

〝  気仙沼は元気にがんばってるぞ! 〟

まさにそんな思いだったのではないでしょうか。

 

グランドオープンした2011年11月26日。

元気をもらいに、届けに、希望を抱き、開村式へおじゃました記憶があります。

このオープンに至るまでは、さまざまな困難とご苦労があったことと察します。

従来の「法」や「制度」では、震災後のこの状況をなかなか解決できないこともたくさんあったと聞いています。

それでも、全国から温かいご支援やご協力をもらい、オープンしていただけたことに、改めて感謝します。

 

オープン後は、全国各地からお客さまが訪れ、気仙沼の地酒を飲み、気仙沼の美味しい食事を楽しみ、気仙沼を支えてくださってくれました。

著名人の方も数多く訪れてくださったり、イベントも数多く開催していて、その度にたくさんの市内外のお客さまがここを訪れ、元気をもらいました。

屋台村に一番近い宿として、当館にお泊りいただいたお客さまも少なくありません。

お互いにコラボしたプラザホテルオリジナル企画「屋台村商品券付宿泊プラン」で、お客さまをご紹介しあえた本当に近しい関係でありました。

 

それから5年4か月。。。

 

国の制度事情や市の事情もあり、ついに本日、閉村式となってしまいました。

まず冒頭に、司会のかよちゃん(岩手佳代子さん)から「今日は笑って」のことばに、今日で終わりではなく、今日から新しいスタートなんだと思わされました。

かよちゃん強いな。と。

 

閉村式では、まずは気仙沼市長の挨拶に始まり、

次に、すでに卒業された店主さん含め、店主の皆さんが一同にステージに集まり、村長さんからご挨拶と感謝のことばがありました。

そして、屋台村の立ち上げに尽力いただいた理事の方々を代表し、元社長の若生さん(現富谷市長)から、立ち上げの時の話や感謝の挨拶があり、店主一同の皆さんから記念品が贈られました。

涙を流されながら挨拶するその姿に、当時のご苦労と、感謝の気持ちがたくさん込められていたことと思います。

わたしもつられて涙がポロポロと。

そして最後に、今日この閉村式の会場にご来場できなかった全国の皆さんに向け、感謝の気持ちを込めた風船をみんなで「ありがとうー!」って飛ばしました。

閉村式の後は、気仙沼の歌姫こと育美ちゃん(熊谷育美さん)のミニライブもあり、

全国からこの会場に駆けつけてくれた皆さんに、感謝のうたを届けてくれました。

 

屋台村は本日閉村式となりましたが、実営業は20日までやっています。

残り2日。

本当に終わってしまいます。

ぜひ終わる前に、もう一度、この復興屋台村気仙沼横丁で食べて飲んでみてください。

 

閉村後の各店主さんの未来はそれぞれで、自力で再建される方、新しくできる商店街にまたお店を出す方、まだ決まっていない方、辞めてしまう方。。。

 

まだまだたくさんの問題や不安を抱えています。

 

気仙沼の復興はまだまだ道半ばです。

でもきっと、この6年を乗り切ってきた皆さんとなら、また楽しい飲食店、気仙沼ができあがるんじゃないかと思っています。

 

復興屋台村気仙沼横丁関係者の皆さん、心から〝ありがとうございました〟

感謝状までいただいてしまいましたが、こちらこそ感謝です!

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!

 

語り部として、日々・・・


日々、朝がきて

日々、陽が沈む。

 

日々、〝あの日〟を振り返り、

日々〝応援の声〟に励まされ

 

日々、気仙沼のまちは復興へ向け、変わっていく。

 

わたしたちは、それを伝える〝役目〟を担っている。

当館では、ホテルスタッフが語り部となり、東日本大震災と「今」の気仙沼を伝えていく。。。

 

 

実は、最近はめっきりと語り部をする機会が減りました。

ご希望があればまだまだやっておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

震災を風化させないために・・・「震災語り部」付★活鮑の陶板焼き★海鮮御膳

 

団体・グループについては、都度、お時間などご相談に応じますので、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。

(  ※基本的には、16:30~約60分 お一人様500円(資料付)で受けております  )

 

震災直後の気仙沼市の航空写真、著名人の方々にご来館いただいた際の応援メッセージは、ホテル内のロビーでご覧になれます。

 

気仙沼へお越しの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

担当:船長

 

気仙沼温泉 気仙沼プラザホテル

公式ホームページからのご予約・お問い合わせはここをクリック!